"Camera et Cetera" by Fumiatsu Hattori

クラシックギタリストはカメラ趣味

動画性能を試す

FujifilmのFujikinaというユーザー向けのイベントに行ってきた。

 

XT2とXF16-55を借りる。

 

f:id:spicemania:20170907214448j:image

 

写真だけだったら当面T1&T10で十分なのですが…

 

動画となると話は別

 

T2から動画は格段によくなっているんですよね。

 

4Kで撮ったら大変綺麗でした。

 

以前、Fujiを諦めて他社にと思ったことがありまして…その時は動画の事が引っかかっていたためでした。

 

でもまぁそれはそれとして、動画やるなら先ずパソコンをどうにかしなくてはならず…

大変頭が痛いです^^;

 さっき気づいたけどストロレージも問題だ…

 

ということでスペックの低いパソコンだと全くお話にならないのてます。

 

imacだと27インチ5kにしておかないとビデオメモリの問題とメモリ増設問題がクリア出来ないし…

そう、安物を買ってはならないのです…

 

困ったもんだ…

HDDのトラブル

以前から使っていた外付けがそろそろダメになりそうなので慌てて新しい新しい外付けにデータをコピーしております。

 

しかしまぁ、転送速度は遅いわトラブルで途中で止まるわで…

 

大変

 

Macexfatの形式でフォーマットしようとしたら簡単には行かないし。

 

厄介だ…

 

f:id:spicemania:20170903224107j:image

 

ひたすら焼く

昨日かる〜く編集した発表会の動画データ

 

生徒さん毎に焼いております。

 

元データはHD(高画質)のはずですがDVDに焼くとなるとSD(標準画質)になるとか

 

ファイル変換に時間を要しております。

 

なら最初からSDで撮れよって話になりますが…

 

撮る時は高画質でというのがクセでございます。

 

f:id:spicemania:20170831223918j:image

発表会のビデオ

目下、私たちの門下生による発表会のビデオ編集中でございます。

 

もう6年〜7年前のCanonのビデオカメラ使ってます。

 

発表会のような長丁場はビデオカメラでないと長時間撮れないので未だにこれを使ってます。

 

手軽なので付属のソフトで編集しDVDにします。

 

今後は写真のみならず動画も本格的に手がけることになりそうなので編集ソフトも揃えて一眼で撮影しないとって感じです。

 

f:id:spicemania:20170830231138j:image

ライザップのネコと電子シャッター

かつてTVCMで起用されたネコさんことクリリン

 

デブネコということでライザップのCMで登場した。

 

CMでは画像処理されて目を釣り上げられていましたが本来はおっとりとしたクリリン

まぁ、画像編集は制作側の意向ですから。

 

どうでもよいですがTVは何から何までヤラセと思っております。

 

 

ラパーマの男の子

 

とても良いコだ。

 

f:id:spicemania:20170823103900j:image

 

X-T1GS
XF35 F1.4
SS1/50 F2 ISO800
FS Pro Neg.ST
JPEG撮って出し

 

電球型蛍光灯の下、1/50で電子シャッターを使った場合にフリッカーによるシマシマが出るかどうかを試みた。

 

とりあえずこちらの猫カフェは大丈夫。

 

ピントは練習のためあえてMFで。

 

データをよく見るとピンを外しているものばかり。

 

難しいよね〜。

 

まぁ、練習なので。

 

電子シャッターは無音、無振動なので考えようによっては大変重宝する。

定常光によるブツ撮りにはもってこいだ。

 

でも、自分はレフ機のミラーショックが好きなんですよ。

 

まぁ古い人間ですよ。

黒をバックに黒を写す

背景を黒にした場合に黒いものを写す。

 

キマるとなかなかよい。

 

黒バックでギターを撮ると黒いヘッドが背景と同化して境目がなくなる。

 

ヘッドは明るく背景は黒く。

 

実際にライティングしてみると被写体は明るくなるので上手く行ってるか否かは撮影してパソコンで確認しないと本当のところは分からない。

 

今回は撮影に入る前によーく光を見た。

とりあえず試行錯誤する。

 

実は先週の二日目の撮影はライティングのミスにより全部ボツになった。

 

昨日リターンマッチを試みた。

 

なぜそこまで?って思う人はいるかも。

 

 

f:id:spicemania:20170822191708j:image

諦めかけていたが…

フォトセッションは異性の関係で行うとスムーズに行く場合が多い…実際写真講座に参加して受講生同士が撮影したときに感じる。

 

ところが、いざ夫婦となると話は別である。

 

慣れというか何というか…

 

何度か諦めかけていたが何とか兆しが見えて来た。

 

 

 f:id:spicemania:20170818223624j:image